今注目のアスランス!俺がバイアグラから替えた理由

MENU

世界初の治療薬

【勃起不全がはじめて治療可能になった薬】
それは「バイアグラ」です。
バイアグラとは、成分:シルデナフィルを使用したED治療薬になります。
国際的には1998年、日本では1999年より処方が開始されています。
僅か1年しか時間差がないのも異例となり、個人輸入による副作用面などが問題視され、スピード承認が行われました。
原則、服用方法を守れば安全性には優れた薬とされていますが、併用を禁忌としている「硝酸剤」であるニトロ系の薬は"心肺停止"などを起こすので要注意。
効き目の強さと切れの良さが評判の薬で、現在3種類のED治療薬の処方が行われていますが根強く人気があります。
「夢の薬」とまで言われた、このED治療薬を解説していきます。

【バイアグラの効果】
この薬は「ホスホジエステラーゼ-TYPE5阻害剤」に分類されています。
ホスホジエステラーゼ-TYPE5とは、ペニスの中に存在している酵素の1つです。
これは勃起状態を起こすために必要な筋肉を弛緩して血管の拡張を促してくれる「cGMP」と呼ばれる物質を分解する特徴があります。
つまり、この酵素が悪さをすることで血液の通り道が拡がらず、血流不足によって勃起不全を起こします。
系統の名前から分かるように、この酵素を阻害することで血流量を一時的に増加させることができます。
これによって硬さと持続性がある勃起状態が現れるようになります。
ちなみにこの薬を服用して改善の効果が見られる男性は約70~80%とされています。
これには重度の勃起不全患者も含まれているので、かなり高い数字と考えられます。

【副作用】
この薬は飲み薬になるので副作用はあります。
しかも90%以上の人に起こるので、避けようがありません。
次にまとめる症状は、血行が促進される過程で起こるものになります。
・ほてり
・紅潮
・頭痛
・鼻づまり
・視覚異常(サングラスをかけているように見えたりする)
一気に血行が促進されるためなので、重い副作用とはなりません。
上手く付き合っていくのであれば、効き始めの合図くらいで考えても良いかも知れません。